GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取り方法に注意!

2019年10月18日

GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取り方法についてです。

これ、手順が非常にわかりづらく、キャッシュバックを渡したくない感が凄いです。
恥ずかしながら、私もまんまと落とし穴にはまりキャッシュバックを受け取れませんでした。。。
3万円返してくれ。。。

同じ被害者を出さないためにも、注意点を書いておきます。

主に注意すべき点は以下の3点になります。

  • 契約から11か月後にメールで通知される
  • メールが来た翌月末までに手続きを完了しなければならない
  • メールはGMOとくとくBBから発行されたメールアドレスに送信される

一つずつ説明していきます。

契約から11か月後にメールで通知

これはよくあるキャッシュバックにはよくあることなのでまあ良いでしょう。
とくとくBB側からしても早期解約されては困りますので。
契約月の11か月後は何月なのか忘れないようにしっかりとメモしておきましょう。

11か月後とは言っていますが、メールが届くのは11か月後の月末になるという情報があります。
これは確実な情報ではありませんが、注意しましょう。
ちなみに、私の場合はキッチリ末日でした。

メールが来た翌月末までに手続きを完了しなければならない

10月にメールが届いていたら、11月末までにキャッシュバック受け取り申請を済ませる必要があります。
2か月あるなら大丈夫でしょ!と思った方、油断してはいけません。
上述の通り、メールが届くのは11か月後の末日かもしれません。
10月の末にメールが届いたら11月末まで。つまり猶予はほぼ1ヶ月しかありません。

もちろん1日でも期間を過ぎてしまえばキャッシュバックは無効です。3万円没収。

メールはGMOとくとくBBから発行されたメールアドレスに送信される

上記2つはまだ序の口、これが一番凶悪です。
キャッシュバックを渡さないという強い意志を感じます。

「GMOとくとくBBから発行されたメールアドレス」にキャッシュバック申請用のメールが届きます。
いくら待っても契約するときに使った自身のメールアドレスには届きません。

この「GMOとくとくBBから発行されたメールアドレス」というのがまた厄介で、
契約時に送付された登録証に載っている[email protected]というまず誰も使わないだろうメールアドレスなのです。(ドメインは人によって違うみたい)

WEBメールへログインしてメールを確認することになります。

以下がその手順です。

メールアドレスとパスワードの確認

契約時に郵送で送付された登録証に載っています。
これが無いとログインできませんので大切に保管しておきましょう。
もしも捨ててしまったorなくしてしまった場合は再発行する必要がありますが、再発行には300円ほど手数料がかかります。

WEBメールへログインする

とくとくBBの会員サポートページからWEBメールへログインします。
ただし、人によってログイン画面のURLが違います
以下を確認して自分はどの画面からログインするべきか確認しましょう。
https://help.gmobb.jp/app/answers/detail/a_id/020057

キャッシュバック申請用のメールを探す

無事WEBメールへログイン出来たら、キャッシュバック申請用のメールを探します。

「【GMOとくとくBB】 キャッシュバック特典お待ちのお客様へご案内」というようなタイトルのメールをメールボックスから探し出しましょう。
メールタイトルは変更される可能性があるので注意してください。

ここでメールを探すときは検索ボックスを使わないほうがいいかもしれません。
私の場合、「キャッシュバック」という文字列で検索したところ、1通も引っ掛かりませんでしたので。
これは私のやり方が悪かっただけかもしれませんが。。。

ちなみに、このWEBメールに送られたメールは180日で削除されるみたいです。

見つかったら振込口座の登録をして完了です!

ここで見つからなかった場合は念のため問い合わせをしたほうが良いかもしれません。

まとめ

他サイトでも言われていますが、WiMAXを契約するならキャッシュバック込みで考えるとGMOとくとくBBが一番料金が安くなります。
キャッシュバックを受け取ることができればとても魅力的なことには変わりありません。

ただここまでキャッシュバック方法を複雑にしているのを見ると、ある程度の人にキャッシュバック申請忘れをしてもらうことで実現している料金なのではないか?と思ってしまいます。
これからGMOとくとくBBで契約しようと考えている方はよく考えて決めることをお勧めします。

GMOとくとくBB以外でWiMAXを契約しても、変わるのはせいぜい年間数千円です。
キャッシュバック全額没収のリスクを背負う覚悟のある方はどうぞ。

おしまい。